アントラーズホームタウンDMO

tel0299-77-9500

概要

アントラーズホームタウンDMOは、鹿島アントラーズのホームタウンである鹿行地域内にスポーツツーリズムを核とした鹿行地区の観光プラットフォームを確立し、交流人口拡大や雇用の創出、地域経済の活性化を行うために設立されました。観光客誘客のための「着地型旅行事業」と新電力販売や地域商社といったDMO自走化のための「収益事業」を二本柱に、「地域の稼ぐ力」を向上させるための事業を展開します。

スポーツ合宿

着地型旅行
商品開発

ゴルフツアー

地域商社

鹿行地域の紹介

鹿島アントラーズのホームタウンである鹿嶋市、潮来市、神栖市、行方市、鉾田市の5つの市は、旧鹿島郡の「鹿」と旧行方郡の「行」をとって鹿行「ろっこう」と呼ばれています。千葉県に接する茨城県東南部で、霞ヶ浦や北浦、太平洋に挟まれることから、水郷としての歴史と伝統があり、観光向けの地域資源に恵まれています。

ご挨拶

代表理事
錦織 孝一
アントラーズホームタウンDMOは、観光による「鹿行の地域づくり」を目指します。

鹿行地域が抱える定住人口の増加や地域経済の活性化という課題を、アントラーズホームタウンDMOが関係団体と連携して地域資源の魅力発信力を高め、ブランディング及びマーケティングにより効果的な誘客策を講じることによって解決していきます。

キーワードは「ブランディング」と「おもてなし」。

地域にはスポーツを楽しむ環境や豊かな農水産物、悠久の歴史・文化など魅力的な地域資源が数多くあります。これらの資源をアントラーズホームタウンDMOがエンターテイメント(価値の再定義、新たなストーリー)として有機的に結び付け、地域外の人に来たい又は戻りたいと思わせる仕組み作りに取り組んでまいります。併せて、地域内の関連事業者や市民とは共にプロのおもてなしを追求し、来たい又は戻りたいと思った人たちの受入体制を万全にしていきます。

今後の活動にご期待ください。

組織概要

名称
一般社団法人 アントラーズホームタウンDMO
英文名
Antlers HomeTown DMO
設立
2018年(平成30年)1月30日
住所
〒314‐0034 茨城県鹿嶋市鉢形1527-4
FAX:0299-77-9501

役員紹介

代表理事
錦織 孝一(鹿嶋市長)
副代表理事
鈴木 秀樹(株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー取締役 事業部長)
理事
原 浩道(潮来市長)
理事
石田 進(神栖市長)
理事
鈴木 周也(行方市長)
理事
岸田 一夫(鉾田市長)
理事
佐藤 大輔(株式会社なめがたしろはとファーム 常務執行役員)
理事
内川 久生(東京レジャー開発株式会社 ザ・ロイヤルゴルフクラブ支配人)
監事
庄司 敦子
監事
木下 哲郎(株式会社なめがたしろはとファーム 事業推進役)
事務局長
岡本 文幸(株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シーより出向)

新電力お申込み

弊社が提供する新電力サービスは、切り替え手数料が無料で新電力に切り替えられるため、お客様の月々の電気代を大幅に削減できる可能性があります。関心をお持ちの方は、以下のお申し込み方法の中に設置されているリンクよりPDF資料をダウンロードして、詳細をご確認ください。

【アントラーズホームタウンDMOでんき お申込み方法】
○法人の方
・・・お見積のご要望等、アントラーズホームタウンDMO事務局にお電話かメールでお問い合わせください。

電話:0299-77-9500

○個人の方
・・・重要事項説明、プライバシーポリシーをご確認・ご了承いただいたうえで以下の「個人宅のお申し込みはこちら」ボタンをクリックしていただき、小売電気事業者のイーネットワークシステムズの登録フォームより申し込みください。

電話受付時間 (祝日を除く火曜~土曜日 9:00~17:00)

トップに戻る